HUAWEI P lite SIMフリースマホ 実機レビュー

【実機レビュー】「HUAWEI P10 lite」はエレガントでサクサク動作のSIMフリースマホ

更新日:

【実機レビュー】「HUAWEI P10 lite」

Huawei(ファーウェイ)が2017年6月9日に発売したSIMフリースマホ「HUAWEI P10 lite WAS-LX2J」を購入しました。大ヒットモデル「HUAWEI P9 lite」の後継モデルということで、デザインとパフォーマンスも正常進化した出来の良い仕上がりになっています。

「HUAWEI P10 lite」の市場想定価格は29980円です。SIMフリースマホとしては売れ筋の価格帯でパフォーマンスレベルはかなり高いものになっています。

「HUAWEI P10 lite」のスペック紹介

まずは、「HUAWEI P10 lite」のスペックをおさらいしておきます。

  • OS:Android 7.0 (EMUI 5.1)
  • ディスプレイ:5.2 インチ(1920×1080)
  • SoC:Kirin 658
  • CPU:Octa Core 2.1GHz×4+1.7GHz×4
  • RAM:3GB
  • ROM:32GB
  • カメラ:REAR:12MP FRONT:8MP
  • FDD-LTE:Band 1/3/5/7/8/18/19/26
  • TDD-LTE:Band 41
  • W-CDMA:Band 1/5/6/8/19
  • Wi-Fi:802.11 ac/a/b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • USB:micro
  • バッテリー:3000mAh
  • サイズ/重量:72(W)×146.5(D)×7.2(H) mm / 146g

前モデル「HUAWEI P9 lite」と比較すると、「HUAWEI P10 lite」ではCPUが「Kirin 658」、メモリが「3GB」、内部ストレージが「32GB」に強化。確実にスペックアップしています。

「HUAWEI P10 lite」は、性能がアップしただけでなく、厚さ7.2mmの薄型ボディになっているなど、コンパクトさにも磨きがかかっています。

決め手は「サファイアブルー」

性能面でも確実にアップしていることも魅力ですが、デザイン面での進化が目を引きます。ボディカラーでは「サファイアブルー」が新たにラインナップされています。

「サファイアブルー」モデルは背面ガラスの下に極薄の光沢フィルムを重ねて、光によって海が輝くような美しさになっていて、一目惚れでした!

「HUAWEI P10 lite」が届いてすぐに開封したときの写真が下のものです。

HUAWEI P10 liteのサファイアブルーは美しい

その美しいカラーは、見た瞬間に「ワクワク感」を感じるレベルです。

では、実際に入手した「HUAWEI P10 lite」を開封していき、デザインチェックを中心にまとめていきます!

「HUAWEI P10 lite」レビュー

2017年6月13日に「goo SimSeller」でオーダーしていた「HUAWEI P10 lite」が届きました。

「goo SimSeller」では、「HUAWEI P10 lite」の発売記念キャンペーンを実施。「HUAWEI P10 lite」本体を21800円(税別)で購入することができました。

発売日から少し経っての到着でしたが、非常にお得に手に入れることができたので満足です!

「goo SimSeller」ではSIMフリースマホのセールを頻繁に開催していて、タイミングによってはけっこうお得に購入できます。

「HUAWEI P10 lite」を開封

さっそく、到着した「HUAWEI P10 lite」の箱を開けると、本体が下の写真のようにささっていました。

HUAWEI P10 liteの外箱

ファーウェイスマホを開封する際によく目にする光景です(笑)

【実機レビュー】ファーウェイ 「HUAWEI nova lite」は驚愕コスパのSIMフリースマホ

Huawei(ファーウェイ)が2017年2月24日に発売したSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite」を購入したので、特長などを紹介するためにレビューを書いておきます。MVNOモデルという ...

続きを見る

「HUAWEI P10 lite」の付属品を確認

次に、箱からゴソゴソと付属品を取り出して、主なものを並べてみました。

HUAWEI P10 liteの付属品をチェック

ファーウェイ製のスマホでお馴染みですが、「クリアケース」がついているのはうれしいポイントです!

クリアケースについては、クリア感が分かりやすいように、外箱にのっけてアップで撮影しておきました。

HUAWEI P10 liteのクリアケース

このようなユーザーに対しての心遣いは、ファーウェイが支持されている理由のひとつだと考えています。あとは、ファーウェイ・カスタマーサービスセンターを始めとして、サポート体制も充実してきているのも注目したいポイントです。

付属しているクリアケースに加えて、TPU素材のケースも購入しました。装着したときの雰囲気を確認しています。参考にしてみてください。

人気モデル「HUAWEI P10 lite」にTPUケースをつけてみた

「HUAWEI P10 lite」のケース選び ファーウェイ・ジャパンが2017年6月に発売したSIMフリースマホ「HUAWEI P10 lite (WAS-LX2J)」は、上位機種に匹敵するデザイン ...

続きを見る

ACアダプタ

充電を行うための「ACアダプター」も注目しておきたい付属品です。

HUAWEI P10 litの ACアダプター

ACアダプターには「HUAWEI QUICK CHARGE」と書かれています。2Aと高い出力が可能となっていて、30分で43%の充電が可能になるなど、「HUAWEI P10 lite」は急速充電に対応しています。

急速充電に対応しているかどうかは、頻繁に行う充電の快適度を左右する要素です。このあたりも「HUAWEI P10 lite」はポイントを抑えたものになっています。

「HUAWEI P10 lite」の外観をチェック

「HUAWEI P10 lite」の外観をチェックしていきます。

「HUAWEI P10 lite」は5.2インチフルHDディスプレイを搭載しています。

HUAWEI P10 lite ディスプレイ

写真のように、ボディ左右のベゼル幅がかなり狭くなっています。前面デザインはかなりスタイリッシュに仕上がっています。「やすスマ」が片手で十分に操作できるコンパクトボディです。

HUAWEI P10 liteはコンパクト

「HUAWEI P10 lite」のスペック表では重量が「146g」と書かれていますが、実際にSIMを挿入して計測してみたところ、「144.8g」と表示されました。ディスプレイサイズを考えると軽量に仕上がっています。

HUAWEI P10 lite 重量

薄型で軽量なボディはかなり扱いやすいです。

ホームボタンなどのナビゲーションキーはディスプレイ上に表示されます。「設定」メニューでナビゲーションボタンの配置や組合せを変更することもできます。

ディスプレイの表示品質ですが、さすがファーウェイ製のスマホの安定品質といった感じです。「やすスマ」としては十分に満足できるディスプレイの表示品質です。

2.5Dガラス

ディスプレイは2.5Dガラスに覆われていて、デザイン性と耐久性を向上させています。

HUAWEI P10 liteは2.5Dガラスで覆われている

前面だけでなく背面にも2.5D曲面ガラスを採用していて、かなり美しいデザインを実現しています。わずかにラウンドしている形状となっていて握りやすい形状になっています。一方で、2.5D曲面ガラスで覆われているということで、液晶フィルムによっては端が浮いてしまったりします。液晶フィルムを選ぶ際には、しっかりとリサーチしておくことをオススメします。

「HUAWEI P10 lite」にTPU素材の液晶フィルムを貼ったときのまとめを別ページに書いています。参考にしてみてください。

エッジ部分もOK!「HUAWEI P10 lite」にTPU液晶保護フィルムを貼ってみた

「HUAWEI P10 lite」の保護フィルム選び ファーウェイ・ジャパンが2017年6月に発売したSIMフリースマホ「HUAWEI P10 lite」は、質感の高いデザインとパフォーマンスの高さで ...

続きを見る

フロントカメラ

「HUAWEI P10 lite」のフロントカメラは800万画素(F2.0)です。

HUAWEI P10 liteのフロントカメラ

「ポートレートモード」を搭載していて、より美しくセルフィーが撮影できるようになっています。

美しい海のような「サファイアブルー」カラー

「HUAWEI P10 lite」は上位機種に匹敵するような高級感のあるデザインとなっています。やすスマが惚れたのが「サファイアブルー」カラーです。。

HUAWEI P10 lite サファイアブルー1

HUAWEI P10 lite サファイアブルー2

HUAWEI P10 lite サファイアブルー3

3万円の最新スマホでこのクオリティはすごいですよね!

光の当たり方の異なる写真をいつくか載せましたが、美しさが伝わっているとうれしいです!

写真ではあまりうまく表現できていませんが、背面についても2.5Dガラスに覆われています。

指紋センサー

「HUAWEI P10 lite」は背面に「指紋センサー」を搭載しています。

HUAWEI P10 liteの指紋センサー

「HUAWEI P10 lite」の指紋センサーは認証速度が素晴らしく早く、かつ正確なものになっています。指紋センサーに軽く指を置くとすぐに反応してくれます。

リアカメラ

「HUAWEI P10 lite」の背面には1200万画素のメインカメラがあります。

大型の1.25μmピクセルセンサーを搭載していて、ローライト環境での撮影時でもより多くの光を取り込むことが可能になっています。

様々な角度から

「HUAWEI P10 lite」を様々な角度から撮影してみました。

HUAWEI P10 liteの上部

「HUAWEI P10 lite」は薄型ボディとなっていますが、ちゃんと「イヤホンジャック」が搭載されています。

HUAWEI P10 lite 左部

ボディ左には「SIMスロット」があります。デュアルシム仕様になっていて、対応するSIMサイズはともに「Nano SIM」です。

HUAWEI P10 lite デュアルシム

デュアルシム仕様となっていますが、4G+3GBのデュアルシムデュアルスタンバイ(DSDS)には対応していません

2017年7月に配信開始されたアップデートによって、「au VoLTE」に対応。auやau系のMVNOでの通話が可能となりました。

HUAWEI P10 liteはmicroSDが排他

一方のSIMスロットはmicroSDスロットと兼用です。なお、microSDカードの対応は128GBまでとなっています。

HUAWEI P10 liteの右部

ボディ右に「音量ボタン」と「電源ボタン」があります。

microUSBポート

多くの最新スマホはUSBポートに「Type-C」を採用していますが、「HUAWEI P10 lite」は「microUSBポート」が採用されています。

USBポートの横には「マイク」と「スピーカー」があります。

サウンド機能をウリにしていないということでそれほど音質には期待していませんでしたが、音楽などを数回再生してみると予想していたよりもいい音が出ていました。スマホのスピーカーとしては大きく不満のないレベルです。

5.2インチ人気モデルと比較

「やすスマ」の所有している「HUAWEI P9 lite」、「HUAWEI nova lite」、「ZenFone 3 (ZE520KL)」と並べてみました。いずれのモデルも5.2インチディスプレイを搭載しています。

HUAWEI P10 liteとZenFone 3を比較

さすがにいずれのモデルも人気モデルということで、洗練されたコンパクトな仕上がりになっています。

写真からも分かるように、ディスプレイ表示の特徴は異なる部分もありますが、いずれのモデルも高いレベルの画面表示品質になっています。

メーカーのスペック一覧をもとにして、これら4機種のサイズ・重量をまとめてみました。

HUAWEI P10 liteHUAWEI P9 liteHUAWEI nova liteZenFone 3
高さ約146.5mm約146.8mm約147.2mm146.8mm
約72mm約72.6mm約72.94mm73.9mm
厚さ約7.2mm約7.5mm約7.6mm7.69mm
重量約146g約147g約147mm144g

どのモデルも数値が拮抗しています。実際に「HUAWEI P10 lite」と「HUAWEI P9 lite」を重ねてみました。

HUAWEI P10 liteとHUAWEI P9 liteの厚さを比較

このように見ると厚さはそれほど変わらない印象ですが、「HUAWEI P10 lite」が若干薄くなっていることは感じるレベルになっています。

さっそく起動

「HUAWEI P10 lite」の外観をチェックできたところで、さっそく起動!!!

「googleアカウント」や「Wi-Fi」設定などの初期設定をさくっと終わらせました。

Wi-Fiが802.11 ac/a/b/g/n対応ということで、上位機種と遜色ないスペックになっています。このあたりも前モデルから進化した点です。

ホーム画面

実際に初回起動時のホーム画面が以下のような感じです。

HUAWEI P10 liteのホーム画面

初期設定では、ホーム画面にすべてのアプリを表示するようになっています。

「設定」メニューから設定変更することでドロワーですべてのアプリを表示する形式にもできます。

HUAWEI P10 liteをドロワーで表示

「Gmail」、「Googleマップ」などの「Google」アプリや「ファーウェイ」アプリ以外に余計なものはインストールさせれおらず、大手キャリアモデルとは全く異なる、かなりすっきりした状況です。

HUAWEI P10 liteのgoogleアプリ

ファーウェイアプリはシンプルな機能をもったお役立ちアプリが多いです。

内部ストレージ

ファーウェイの人気モデル「HUAWEI P9 lite」や「HUAWEI nova lite」は内部ストレージ容量が「16GB」と、最新ミドルレンジモデルと比較すると心許ないものになっています。

内部ストレージ容量が「16GB」のモデルだと、実際にいくつかアプリをインストールするとあっという間に空き容量が残りわずかとなります。

「HUAWEI P10 lite」の内部ストレージ容量は「32GB」になっていて、上に挙げた2機種と比較すると内部ストレージ容量が倍増されているので、このあたりの安心度が増しています。

初回起動してすぐに内部ストレージの状況をチェックしておきました。

HUAWEI P10 liteの内部ストレージ状況

およそ「20GB」が空きとなっていました。

これぐらいの空き容量があれば、ある程度のアプリをインストールしていっても問題ないレベルです。

メモリ

「HUAWEI P10 lite」のRAM容量は「3GB」です。最新ミドルレンジモデルとしては標準的なものです。

これぐらいのRAM容量があれば、ヘビーな用途でなければ困ることはないレベルです。

初回起動後に少し操作してからメモリ状況を確認してみました。

HUAWEI P10 liteのメモリ状況

パフォーマンス

「HUAWEI P10 lite」のパフォーマンスを計測するために「Antutu V6.27」で3回計測してみました。

HUAWEI P10 liteのAntutu計測

トータルスコアはおよそ「57000」強という感じですね。これぐらいのパフォーマンスがあれば、けっこうサクサク動作するレベルです。

「HUAWEI P10 lite」はSoCに「Kirin 658」を採用しているということで、「Kirin 655」を採用している「HUAWEI nova lite」のスコアを若干だけ上回る感じです。

ちなみに、前モデル「HUAWEI P9 lite」は、SoCに「Kirin650」を採用で「Antutu」スコアは「55000」弱でした。

実際に操作していてもサクサクと動作してくれます。

また、気になる発熱もほんのり温かくなる程度で、それほど気になる感じではありません。

さらに「Geekbench」でも計測しておきました。

HUAWEI P10 liteをGeekbenchで計測

「HUAWEI nova lite」と比較すると「Single-Core Score」が向上しています。

「やすスマ」のもっている「ZenFone 3 (ZE520KL)」の「Single-Core Score」を上回っています。

一方、「Multi-Core Score」では「ZenFone 3 (ZE520KL)」に軍配が上がります。

「Snapdragon 625」搭載機と同等かちょっと下ぐらいのベンチマークスコアといえます。

Wi-Fiも強化

「HUAWEI P9 lite」の「Wi-Fi」は2.4GHzのみ対応でしたが、前述の通り、「HUAWEI P10 lite」では5GHzにも対応しています。

Wi-Fiが5GHzに対応していることで、環境によっては、より高速でネットを利用することができます。

光ファイバー回線の「やすスマ」宅の環境でも、以下のようにスピードテストで大きな差が出ました。

HUAWEI P10 liteを5GHzのWi-Fiで接続

プリセットAPN

「HUAWEI P10 lite」にあらかじめ設定されているAPN設定をチェックしてみました。

HUAWEI P10 liteのプリインAPN設定

格安SIMでシェア上位の「楽天モバイル」、「mineo」、「OCN モバイル ONE」など多くのMVNOサービスのAPNはあらかじめ設定されています。

日本語入力

「HUAWEI P10 lite」のデフォルトのキーボードは「iWnn IME」になっています。

HUAWEI P10 liteの日本語入力はiWnn IME

当然ながら「ATOK」や「google日本語入力」などのアプリを別途インストールすることでお好みの日本語入力に変更することもできます。

ゲームアプリをインストール

「HUAWEI P10 lite」にゲームアプリをインストールしてみました。

まずは「ポケモンGO」の状況について紹介ですが、「HUAWEI P10 lite」は「ジャイロセンサー」を搭載していて、ARモードも含めて問題なくプレイすることができました。

HUAWEI P10 liteはジャイロセンサー搭載

「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」をインストール。多様なアニメーションがあるゲームですが、スムーズに問題なく動作していました。

撮影サンプル

前述した通り、「HUAWEI P10 lite」は1200万画素メインカメラを搭載しています。上位機種「HUAWEI P10」はライカレンズ搭載のデュアルカメラ搭載していますが、「HUAWEI P10 lite」はライカなしのシングルカメラです。

実際に、「HUAWEI P10 lite」で撮影した写真を掲載しておきます。

オリジナルの撮影データをサイズのみ調整して掲載しています。

HUAWEI P10 lite 写真サンプル1

HUAWEI P10 lite 写真サンプル2

HUAWEI P10 lite 写真サンプル3

一般的なスナップ撮影としてみれば十分な画質となっています。

スマホのカメラで更なる高画質を求める場合は、カメラ機能を高めた「HUAWEI P10」などが候補となります。スナップ程度の撮影ができれば問題という方にとっては、「HUAWEI P10 lite」のカメラ性能は十分なレベルとなっている印象です。

実際に使用してみて

ベンチマークとしては「Antutu」と「Geekbench」を行いました。実際の操作してみての感覚としてはかなりサクサクに動作する印象です。

ディスプレイのタッチ精度・速度は非常によくて、指紋センサーが素早く反応することもあり、すごく快適に使用できています。

3万円以内で売られているSIMフリースマホの中ではかなり競争力の高いモデルとなっているのは間違いありません。

Source

HUAWEI P10 lite スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

-HUAWEI P lite, SIMフリースマホ, 実機レビュー

Copyright© Huawei Fan Blog , 2018 All Rights Reserved.