HUAWEI nova lite 実機レビュー

【実機レビュー】「HUAWEI nova lite 2」は超絶コスパのSIMフリースマホ!縦長ディスプレイ デュアルカメラ

更新日:

ファーウェイ・ジャパンが「エントリースマホの常識を変える」をキャッチフレーズに2018年2月に発売したSIMフリースマートフォン「HUAWEI nova lite 2」の実機レビューを書いておきます。

ファーウェイ「HUAWEI nova lite 2」を2月9日に発売!5.65インチ縦長ディスプレイ&デュアルカメラ搭載の驚愕エントリースマホ

ファーウェイ・ジャパンは、新型SIMフリースマートフォン「HUAWEI nova lite 2」を2018年2月9日に発売することを発表しました。 「HUAWEI nova lite 2」は格安SIM ...

続きを見る

筆者は「HUAWEI nova lite 2」のブラックを購入。フロントパネルカラーと一体感を大切にしてカラーを選択しました。

「HUAWEI nova lite 2」のブラック

前モデルでは高いコスパで大きな評判となった「HUAWEI nova lite」です。

【実機レビュー】ファーウェイ 「HUAWEI nova lite」は驚愕コスパのSIMフリースマホ

Huawei(ファーウェイ)が2017年2月24日に発売したSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite」を購入したので、特長などを紹介するためにレビューを書いておきます。MVNOモデルという ...

続きを見る

後継モデル「HUAWEI nova lite 2」は、縦長ディスプレイ、デュアルカメラなどのトレンド機能を搭載して、前モデルと同様に高いコスパモデルに仕上がっています。

「HUAWEI nova lite 2」実機レビュー

「HUAWEI nova lite 2」はMVNO向けのモデルです。多数の取り扱いMVNOがありますが、今回は何度もSIMフリースマホを購入している「goo SimSeller」で「HUAWEI nova lite 2」を購入しました。

「HUAWEI nova lite 2」は縦長ディスプレイ、デュアルレンズカメラなど最新のスマートフォンで搭載されているトレンド機能をカバー。SoCなどの基本スペックもしっかりパワーアップしています。

まずは「HUAWEI nova lite 2」のデザインをチェックしていきます。

「HUAWEI nova lite 2」

HUAWEI nova lite 2の外箱

「goo SimSeller」から届いた「HUAWEI nova lite 2」を記念撮影。

赤をアクセントした箱のデザインとなっています。今までのファーウェイスマホの箱同様にシンプルなデザインですが、少しホップな印象を受けます。ターゲットとするユーザーによって外箱のデザインのテイストが異なっているかもしれません。

HUAWEI nova lite 2の特長

「HUAWEI nova lite 2」の外箱には縦長ディスプレイ、デュアルカメラなどの特長が書かれています。

縦長ディスプレイのサイズは5.65インチ。「HUAWEI nova lite 2」は比較的コンパクトかつ軽量な仕上がりとなっていて扱いやすさも注目しておきたいポイントです!

いよいよ開封していきます。

HUAWEI nova lite 2を開封

同じファーウェイのミドルクラススマートフォンの「HUAWEI nova lite」、「HUAWEI P10 lite」は本体が縦にささった感じに入っていて印象的でした。今回の「HUAWEI nova lite 2」はものすごく普通に入っていて逆にびっくりしました(笑)

【実機レビュー】「HUAWEI P10 lite」はエレガントでサクサク動作のSIMフリースマホ

【実機レビュー】「HUAWEI P10 lite」 Huawei(ファーウェイ)が2017年6月9日に発売したSIMフリースマホ「HUAWEI P10 lite WAS-LX2J」を購入しました。大ヒ ...

続きを見る

箱から主な付属品を取り出して並べてみました。

HUAWEI nova lite 2の付属品

「HUAWEI nova lite 2」の付属品には保護ケースが含まれています。

本体カラーがブラックということでブラックのケースが付属しています。あわてて追加で購入しなくてもケースで「HUAWEI nova lite 2」を保護しながら使い始められるのはすごく助かりますよね!

別ページに保護ケースや充電器などの付属品をさらに詳しくチェックしています。興味のある方はぜひチェックしてみてください。

【レビュー】「HUAWEI nova lite 2」の付属品をチェックしてみた!保護ケースも付いてた

ファーウェイの新型SIMフリースマートフォン「HUAWEI nova lite 2」は、「エントリースマホの常識を変えるモデル」として2018年2月に発売されました。 別ページの実機レビューにもまとめ ...

続きを見る

「HUAWEI nova lite 2」のデザイン

次は「HUAWEI nova lite 2」のデザインをチェック。

HUAWEI nova lite 2のフロント

まずは大きな特長の5.65インチの縦長ディスプレイです。ディスプレイ解像度はフルHD+(2160×1080)になっています。一般的には十分なディスプレイ解像度です。

ファーウェイ・ジャパンが発表しているスペックによると、「HUAWEI nova lite 2」のボディサイズは約150.1(H)×72.05(W)×7.45(D) mm。

ボディ幅は一般的な5.2インチクラスのスマートフォンと同等になっています。

縦長ディスプレイを搭載しているスマートフォンには6インチ前後のディスプレイが採用されることが多いですが、この「HUAWEI nova lite 2」は一回り小さいディスプレイを搭載しています。

「HUAWEI nova lite 2」を実際に手に入れてみると、予想していたよりも意外とコンパクト!という印象を持ちました。

筆者が愛用している5.15インチディスプレイ搭載の「honor 9」とサイズ比較をしてみます。

honor9、honor 7Xとサイズ比較

メイン機の「honor 9」と並べてみました。

HUAWEI nova lite 2とhonor 9を比較

サイズをを比較してみると、事前に予想していたよりも大きさに違いがありません。

扱いやすさから考えても5.65インチの縦長ディスプレイ搭載のスマートフォンは支持を集めそうです。

さらに、5.93インチの縦長ディスプレイを搭載している「honor 7X」も並べてサイズを比較してみました。

HUAWEI nova lite 2とhonor 7xを比較

並べてサイズを比較してみると大きさの違いがはっきりと分かりますね。実際に手に持ってもサイズ感は異なります。

ボディはともにアルミ素材を使っているので質感はよく似た感じになっています。

「honor 7X」については別ページにレビューしています。興味のある方はぜひチェックしてみてください。

【実機レビュー】ファーウェイ「honor 7X」はハイレベルなミドルスペックスマホ!日本未発売 縦長ディスプレイ デュアルレンズカメラ

海外ガジェットを多数販売している「banggood.com」から「honor 7X」が届きました。このページには日本では未発売のSIMフリースマートフォン「honor 7X」の実機レビューを書いておき ...

続きを見る

液晶保護フィルム

「HUAWEI nova lite 2」のディスプレイに保護フィルムが貼られた状態になっています。

貼られている保護フィルムはディスプレイよりも一回り小さいサイズでディスプレイ全面をカバーしていませんが、実用する上では問題なく使えるクオリティです。

購入段階ですでに液晶保護フィルムと保護ケースが付いているのは非常にうれしいですよね!

メタルボディ

HUAWEI nova lite 2のメタルボディ

「HUAWEI nova lite 2」の背面はメタル素材を使用した美しいものになっています。2万円強の低価格なモデルとは思えないほどレベルが高いです。

今回は、フロントパネルとのバランスを考えてブラックカラーを選択しています。

普段はブラックカラーをあまり選びませんが、意外とブラックボディもいいな!と感じています。

デュアルカメラ

HUAWEI nova lite 2のデュアルカメラ

背面の上部には1300万画素+200万画素のデュアルカメラを搭載しています。なお、サブの200万画素カメラは深度測定用になっています。

レンズの出っ張りが少しありますが、すごく気になるような感じではないです。

デュアルカメラによる自然なボケ味を楽しんだ写真撮影も期待できます。

指紋認証センサー

HUAWEI nova lite 2の指紋認証センサー

デュアルカメラのちょっと下には指紋認証センサーがあります。

ファーウェイ製のスマートフォンの指紋センサーは高速で認証すると評判です。「HUAWEI nova lite 2」でも素晴らしく速い認証速度となっていて、軽く触れるだけですぐ認証します。

HUAWEI nova lite 2のUSBポート

「HUAWEI nova lite 2」のUSBポートは「micro」となっています。上下なく挿せる「Type-C」を採用したスマートフォンが急速に増えてきているので少し残念なポイントです。

なお、搭載されているバッテリーの容量は3000mAh。最新のスマートフォンでは標準的なバッテリー容量です。

下のリンク先には「HUAWEI nova lite 2」を実際に充電して出力をチェックしています。合わせてチェックしてみてください。

【レビュー】「HUAWEI nova lite 2」の付属品をチェックしてみた!保護ケースも付いてた

ファーウェイの新型SIMフリースマートフォン「HUAWEI nova lite 2」は、「エントリースマホの常識を変えるモデル」として2018年2月に発売されました。 別ページの実機レビューにもまとめ ...

続きを見る

SIMスロット

HUAWEI nova lite 2のSIMスロット

「HUAWEI nova lite 2」は2枚のSIMを挿すことができるデュアルシム仕様になっています。SIMスロット2はGSMのみ対応で4G+3Gのデュアルシムデュアルスタンバイ(DSDS)には残念ながら対応していません。

HUAWEI nova lite 2はmicro SDカードに対応

SIMスロット2はmicroSDカードスロットを兼ねています。microSDカード(最大256GB)を使用することが可能で、ストレージ容量不足の際にはmicroSDカードで保存容量を増やすことができます。

軽量ボディ

「HUAWEI nova lite 2」はかなりコンパクトな仕上がりになっています。気になる重さも測っておきました。

HUAWEI nova lite 2の重さ

計測していると「145.1g」でした。重さが150gを切っているので、手に持っても少し軽くて扱いやすい印象です。

5.65インチの縦長ディスプレイを搭載していることを考えるとかなり軽量な仕上がりです。

次に「HUAWEI nova lite 2」をセットアップを進めていきます。

セットアップ

「HUAWEI nova lite 2」のセットアップではGoogleアカウント設定やWi-Fi設定、指紋登録などの見慣れた感じの設定を行います。

HUAWEI nova lite 2

Wi-Fiは「802.11 b/g/n」に対応。高速な5.0GHzには対応しておらず、2.4GHzのみの対応となっています。

ちなみに、「HUAWEI nova lite 2」と比較する対象となってきそうな「HUAWEI P10 lite」のWi-Fiは「802.11a/b/g/n/ac (2.4/5.0GHz)」対応になっています。

指紋登録は画面指示にしたがってボディ背面にあるセンサーに何度か指を押し当てることで完了します。

指紋登録後に指紋認証センサーを使用してみると非常に素早く指紋認証されて画面ロック解除できます。

高速で認証される「HUAWEI nova lite 2」の指紋認証センサーは大いに使い勝手を高めてくれます。

ホーム画面

HUAWEI nova lite 2のホーム画面

セットアップをさくっと完了させて表示されたホーム画面です。

初期状態ではホーム画面にすべてのアプリを表示するようになっています。

HUAWEI nova lite 2のドロワー設定

設定を変更することでドロワー画面にすべてのアプリを表示させることもできます。

プリインストールアプリはGoogleアプリ、ファーウェイアプリを中心とした構成になっています。ファーウェイアプリはかなり使いやすく問題ない状況です。

メモリの状態

セットアップ完了後すぐの内部ストレージの状況と、少し経ってからのRAM状況です。

HUAWEI nova lite 2のメモリ状況

「HUAWEI nova lite 2」のメモリ仕様は「3GB RAM+32GB ROM」です。

確認してみたところ、内部ストレージの空き容量は「22.85GB」、RAMの空き容量は「1.22GB」となっていました。

初期状況ではまだまだ余裕があります。

「AnTuTu」ベンチマーク

次に「AnTuTu V7.02」でベンチマークしてみました。

HUAWEI nova lite 2のAntutuスコア

「HUAWEI nova lite 2」で3回計測してみたところ、「AnTuTu」の総合スコアは88000~89000となっていました。

「AnTuTu」はVer7にアップデートされてから、これまでのVer6とはスコアの出方が変化しています。

最新ミドルクラスのスマートフォンのVer 7の総合スコアはおよそ85000ぐらいが目安です。

「HUAWEI nova lite 2」のベンチスコアは十分です。実際に操作してみるとミドルスペックモデルとしては十分なほど軽快に動作します。

およそ2.5万円のモデルとしては十分なパフォーマンスを持っています。

なお、ミドルクラス向けの定番SoC「Snapdragon 625」を搭載した「ZenFone 3 ZE520KL」のスコアはおよそ75,000強となっています。

Antutu実測スコアまとめ

Antutu Ver7のベンチマーク結果は以下の通りです。

比較対象となりそうな「HUAWEI P10 lite」など、やすスマが実際に「AnTuTu Ver7」でベンチした結果をまとめています。SoC性能の目安として参考にしてくださいね!

機種SoCスコアAntutu
HUAWEI nova lite 2Kirin 65988,527V7.02
HUAWEI honor 9Kirin 960182,735V7.02
HUAWEI P10 liteKirin 65877,304V7.04
ZenFone 3 ZE520KLSnapdragon 62575,951V7.02

※スコアは3回計測平均

アップデートで顔認証に対応

「HUAWEI nova lite 2」の発表時に予告されていた顔認証機能がアップデートによって追加されました。

「HUAWEI nova lite 2」の顔認証アップデート

顔認証機能追加を含むアップデートの詳しい状況は別ページにまとめています。

【レビュー】「HUAWEI nova lite 2」をアップデートして顔認証を追加してさらに便利になりました!

2018年2月発売のSIMフリースマートフォン「HUAWEI nova lite 2」は、別ページの実機レビューにも書いているように前モデル同様にコストパフォーマンスの高さが光るモデルに仕上がっていま ...

続きを見る

「HUAWEI nova lite 2」のフロントカメラを使用します。認証速度が激速で、3D顔認証ではありませんが認証精度は高いと感じています。

画面点灯時に顔認証可能という仕様になっています。ボディ背面に指紋センサーを搭載しているので、テーブルに置きながら操作している場面などには顔認証を使った方が素早くロック解除できて便利です。

また、手が濡れているときは指紋センサーを触っても認証されないことが多いので、このような場合も顔認証が便利です。

手に持っているときには指紋認証、テーブルなどに置いているときは顔認証というように場面によって使い分けができて便利です。

gooSimSellerで販売中

「HUAWEI nova lite 2」を購入した「gooSimSeller」では年に一度の大特価セール「総決算セール」を2018年3月26日9:59まで開催しています。

「総決算セール」において、「HUAWEI nova lite 2」のらくらくセットが一括8800円(税抜)で販売されています(別途、契約事務手数料3000円は必要)。

執筆時点(2018年3月18日)では、さらにgooポイント会員であれば3000円OFFとなるクーポンが発行されます。

「HUAWEI nova lite 2」を激安で入手できる「gooSimSeller」のらくらくセットの詳細については以下のリンク先で確認してみてくださいね!



Source

HUAWEI nova lite 2 スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

-HUAWEI nova lite, 実機レビュー

Copyright© Huawei Fan Blog , 2018 All Rights Reserved.