HUAWEI honor

【日本発売期待】ファーウェイの縦長ディスプレイ、デュアルカメラ搭載の高コスパモデル「Honor 7C」発表!

更新日:

中国のファーウェイ(Huawei)は、2018年3月13日に新型Androidスマートフォン「Honor 7C」を発表しました。

Honor 7C

「Honor 7C」は、縦長ディスプレイ、デュアルカメラを搭載した低価格なコスパモデルで、2018年3月13日に中国において発売開始されます。

Honor 7C

Honor 7Cのディスプレイ

日本でもお馴染みの「Honor」シリーズの最新モデル「Honor 7C」は5.99インチの縦長ディスプレイを搭載したモデルです。狭額縁なデザインが目を引きます。

【実機レビュー】ファーウェイ「honor 7X」はハイレベルなミドルスペックスマホ!日本未発売 縦長ディスプレイ デュアルレンズカメラ

海外ガジェットを多数販売している「banggood.com」から「honor 7X」が届きました。このページには日本では未発売のSIMフリースマートフォン「honor 7X」の実機レビューを書いておき ...

続きを見る

「Honor 7C」に搭載している縦長ディスプレイの解像度は1440x720。ディスプレイ表面は2.5D曲面ガラスに覆われていて、耐久性とデザイン性を高めています。

クアルコム製のSoC採用

「Honor 7C」のSoCには「Snapdragon 450」を採用。ファーウェイのスマートフォンでお馴染みの「Kirin」シリーズではなく、Snapdragon採用となっています。

「Snapdragon 450」は、バリューモデル向けのSnapdragon 400番台ですが、比較的新しいSoCです。「Snapdragon 450」を搭載したスマートフォンの「AnTuTu Ver7」の総合スコアはおよそ70,000です。ヘビーな用途でなければ軽快に動作するレベルとなっています。

メモリ仕様は「3GB RAM+32GB ROM」または「4GB RAM+64GB ROM」になっています。

トリプルスロット

Honor 7Cのトリプルスロット

「Honor 7C」は2つのSIMカードスロットと、microSDカードスロットが搭載されたトリプルスロットを採用。最大256GBのmicroSDカードに対応しています。

リアにはデュアルカメラを搭載。1300万画素のメインカメラと200万画素のサブルカメラです。

フロントには800万画素カメラを搭載。2Dの顔認証機能に対応しています。

ボディ背面には指紋認証センサーを搭載しています。

Wi-Fiは「802.11 b/g/n」に対応しています。2.4GHzのみ対応で5GHzには対応していません。

OSはAndroid 8.0を採用し、UIは「EMUI 8.0」となっています。

バッテリー容量は3000mAh。USBポートは「micro」。

価格

中国における「Honor 7C」の販売価格は、「3GB RAM+32GB ROM」モデルが899元(約1.5万円)、「4GB RAM+64GB ROM」が1299元(約2.2万円)です。

4色のカラバリ

「Honor 7C」のカラバリはブラック、レッド、ゴールド、ブルーの4色展開です。

「Honor 7C」のスペック

「Honor 7C」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.0 (EMUI 8.0)
  • ディスプレイ:5.99 インチ(1440x720)
  • SoC:Snapdragon 450
  • CPU:Octa Core 1.8GHz×8
  • RAM:3GB/4GB
  • ROM:32GB/64GB
  • カメラ:REAR:13MP+2MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • USB:micro
  • バッテリー:3000mAh
  • サイズ/重量:76.7(W)×158.3(H)×7.8(D) mm / 164 g

Source

Honor 7C 製品紹介ページ

-HUAWEI honor

Copyright© Huawei Fan Blog , 2018 All Rights Reserved.